NEWSブログ

 

平成28年度高校3年生行事週間のようす

10月27日(木)「国際礼法」

 高校3年生は卒業に向けて最後の仕上げとなる国際理法の授業を行いました。国際社会においてプロトコールを学ぶ意義や、必要な教養:サヴォアール・ヴィーヴルについてなどをはじめ、きちんとした場面でのレディーの身繕と立ち居振る舞いなどを学びました。今まで白百合生として制服に守られてきましたが、卒業した後は、一人の女性として品格、教養が問われることになります。今回のご講義は、今まで以上に心していかなければならないと生徒一同真剣に受講しました。

 

「租税教室」

 同日、午後は、小田原税務署の方をお招きして租税教室を行いました。国民一人一人が納める税金により、我々の安全で豊かな生活が維持されていることを改めて理解するとともに、今後の国債の問題を解決していかなければならないことや、税金が適正に使われていくように、有権者として積極的に政治に関心を持つことの大切さなどを学びました。

 

10月28日(金)「コミュニケーショントレーニング」

 実践コミュニケーショントレーナーである西田弘次先生をお招きし、実践コミュニケーショントレーニングを行いました。

 実行可能な目標を持って繰り返し繰り返し実行していく、「できる」ようになることを、一人一人に丁寧にアドバイスいただきながらトレーニングできました。コミュニケーションはキャッチボールと言われますが、相手の目を見ること、ジェスチャーを交えること、顔の表情を意識することなどにより、安心感が増すということが実感されました。生徒たちは、「わかった」で終わらせることのないよう、これからの人生においてより良い人間関係を築くために実践していきたいと意欲的でした。


2016
2016/10/28

最新記事